よくある質問

相談者の皆様から
よく質問のある項目をまとめました

Qまずは何から決めてよいのか分かりません。
A喪主を決める→お葬儀の方式を決める→式場・日時を決める→世話役を依頼する。の流れが一般的な決定事項の流れです。
Qどこまでお知らせをすればよいものでしょうか?
A故人様や親族様の遺志によりますが、親戚や友人、勤務先、隣近所への通知が一般的です。
Q故人が好きだったものを棺に一緒に入れてもいいでしょうか?
A是非一緒に入れてください。
ただし、燃えにくい金属製品や陶器製品、ガラス製品などは一緒に入れないようにご注意ください。
Q仏壇はいつ用意すればいいでしょうか?
A四十九日(忌明け)まで用意します。
Q家族葬とはどのような葬儀のことをいうのですか?
A故人様と家族が主体となり、家族・親族・親しい知人の方などで心温かくゆっくりとお別れができる葬儀です。
職場や外部の方にお声掛けしないので、準備や手配が煩雑にならず、何よりも故人様との時間を大切にお過ごしいただけます。
通常のご葬儀に比べるとお別れの内容に寂しさを感じられるご親戚の方などもおられますので、事前にしっかりとお話合いなどをされておくことをお薦めいたします。
Q家族葬はどこまでのお付き合いの人にお声掛けすればいいですか?
A形式やお招きする範囲などに明確なルールはなく、ご遺族によってお考えが異なりますので、しっかりと皆様のご意向を確認された方が良いでしょう。
Qお布施の相場はどれくらいなのでしょうか?
A通夜~葬儀のお布施(読経料)の金額相場は、お寺により異なりますが、少なくとも20万円以上というのが相場のようです。
但し、お寺とのお付き合い(菩提寺として毎年寄付している等)や地域によっても金額が異なります。また、故人様がお世話になったり、お寺との親交が深かったりなどの理由でも多くお渡しになる場合もございます。

お葬式のさまざまな疑問が解決できる
「お葬儀読本」をお送りしております。

お問い合わせ・資料請求はこちら

24時間365日年中無休 いつでも相談無料

0120-06-1142

ページの先頭へ