会葬心得帳

■社内関係者への報告

会社関係の弔辞の場合、まず社内の関係者に報告し、連絡リストがある場合にはそれに基づいて連絡を回します。必要に応じてほかの関係先にも通知します。また、弔問や弔電の要否、ご香典の金額、供物・供花の手配などについて、上司と相談します

■ご確認しておくこと

いつ、どなたがお亡くなりになったのかを確認し、お通夜とお葬儀・告別式の日時、式場を聞きます。弔電を打つ場合に備え、喪主の名前、住所のほか、自宅や葬儀式上の電話番号、宗派なども聞いておくようにしましょう。亡くなった方の状態、特に死因については、こちらからお尋ねしないのがマナーです。

■取り急ぎの弔問は平服で

死亡の連絡を受け、急いて駆けつけるときは、普段の服装で構いません。永井は避け、玄関先で簡単にお悔やみを述べる程度にとどめ、お通夜、お葬儀・告別式に出直します。
※その際、身に着けているネックレスなどの宝石類は控えめにした方が良いでしょう

■お悔やみの言葉

ご遺族の方に気を配り、言葉使いには気を付けてください。故人の死を悼み、生前をたたえながら、短くまとめます。

例1

突然の知らせに、執るものもとりあえず駆けつけてまいりました。この度は誠にご愁傷様でございます。○○様には一方ならぬいつもお世話になり、いつかきっとご恩返しをしたいと思っておりましたのに、急にこのような事になってしまい、残念でございます。後ほど告別式に参列させて頂きます。今日はこれで失礼させて頂きます。

例2

会社の同僚の○○でございます。この度は思いかけぬことで、心からお悔やみ申し上げます。ご家族の皆様もさぞかしお気を落しの事とお察しいたします。他の者も仕事が終わり次第駆けつけると思います。私どもにできることがございましたら、何なりとお申し付けください

例1

突然の知らせに、執るものもとりあえず駆けつけてまいりました。この度は誠にご愁傷様でございます。○○様には一方ならぬいつもお世話になり、いつかきっとご恩返しをしたいと思っておりましたのに、急にこのような事になってしまい、残念でございます。後ほど告別式に参列させて頂きます。今日はこれで失礼させて頂きます。

■故人との対面

お遺族から故人との対面を勧められたら、「ではお別れをさせて頂きます」と言って、下図のような手順で行います。もし悲しみ深くて対面がつらい場合、その旨を伝え、対面しなくても失礼になりません。

①故人のそばに近寄り、一礼します

②白布を取ってお顔を拝見します。

①故人のそばに近寄り、一礼します

④少し後ろに下がり、ご遺族に一礼します。

③白布を下ろしたら、合掌して一礼します。

③白布を下ろしたら、合掌して一礼します。

■ご香典はお通夜か告別式に

ご香典の金額は、故人あるいはご遺族との関係の深さ、送る側の社会的地位などを考えて決めます。迷うときは、同じ程度の立場の人と相談し、金額を合わせておくのが無難な方法でしょう。ご香典は、お通夜か、お葬儀・告別式の時に持参します

■供物・供花・供樒を贈る

供物・供花・供樒を供える際には、式場の飾りつけの都合がありますので、早めにご遺族又は阿波弥に連絡します。その際、名札の記載についても確認しておきましょう。

■お通夜の席での心得

遅くても読経の始まる前までには到着するのがマナーです。受付で簡単にお悔やみを述べ、ご香典を差し出して記帳します。入室時は先客に一礼し、喪主、ご遺族にお悔やみの言葉を述べます。但し、ご遺族と席が遠く離れている場合は、出向いて挨拶する必要はありません。お通夜が終わり、通夜ぶるまいを勧められたら、できるだけ出席しますが、飲酒はほどほどにしましょう。

■お通夜の服装について

最近はお葬儀・告別式に出られない場合、お通夜に参列することが多くなっています。
服装については、用意があれば喪服を、なければ地味な平服でも差し支えありません。

■お通夜・告別式に参列できない場合

何らかの事情でお葬儀・告別式に出られない場合は、弔電を打ち、式後の手紙を添えてご香典を郵送する際には不祝儀袋に入れて現金書留で送ります。式の後にお悔やみに出向く場合もあります。

■慶事と重なったとき

時間が調整できれば両方出て、都合がつかなければ弔事を優先するのが、しきたりとされています。但し、身内の結婚式と会社関係の弔事が重なった場合などは、お葬儀・告別式への参列を見送ってもよいでしょう。