返礼品とは、通夜や告別式にお越しの方に、お礼の気持ちとしてお渡しする品物です。お礼の仕方や品物の渡し方などは地域により異なる場合がございますので、はじめに確認をしてからご検討されることをおすすめいたします。

粗供養とは、文字通り供養を頂いた事に対するお返しの粗品という意味合いがあり、特に、西日本で多く用いられるもので、仏教の通夜、葬儀告別式、法要の際に、喪家より出席者や弔慰金品(お香典)を頂いた先様にたいして贈る品物の香典返しの表書きに献辞(上書き)に用いられます。

昔は、粗供養というものはなく、お越しいただいた先様に対し、通夜は、飲食にて当日は故人様が生前身にしていたものを、お配りしていたと言われています。その名残から、下記のような粗供養というものが生まれてきました

お見送りに来られた方へ、節目に応じて感謝の気持ちを